2020年1月29日水曜日

お金が2億円足りないかも

元日のNHKのこの先10年についての番組を見た。予想以上に地球温暖化が進んでいるという内容だった。気温が1.5度上がると、シベリア凍土が溶け、その下にある凍っていたメタンガスが噴出し、メタンガスはCO2の25倍の温室ガス効果があるので、急激に温暖化が進むという話だった。気温の上昇だけでは日本人は死なないが(バングラディシュの人は住む場所がなくなるので死活問題だが)、巨大な台風が日本に押し寄せる回数が増える。台風による水害、高潮が起こる。番組ではスカイツリーの下部が水に浸かっているCGが表示された。恐ろしい。
東京直下型地震が怖くて地方への移住を考えているが、地震よりも台風による水害への対策をするべきではないかと思い始めた。今は地震の少ない岡山市を移住先候補にしているが、岡山市は今後の台風に強いだろうか。過去の台風で大きな被害を受けたことはない。市内を流れる旭川が市内で氾濫したことも最近はない。しかし、旭川の上流は去年氾濫したことがある。もし、下流の岡山市内でも氾濫したら、高低差が全くないまっ平な岡山市は全市が1mくらい薄く水に浸かる。これくらいなら我慢できるか?いや、やっぱり嫌だ。
それに対して今住んでいる場所は水害に強い。周辺の土地ではいちばん高く、標高41.5mだ。周りに向けてなめらかに標高が下がっている。東隣の駅は標高40.9m、西隣の駅は標高34.4m、その隣の駅は標高12.9mだ。水が溢れそうになっても西側に流れていってしまう(隣町には気の毒だが)。表層地盤増幅率は1.41で地震にもまあまあ強い。この土地にこのまま住むのが良いかもしれない。今は鉄筋コンクリのマンション住まいなので建物は地震にも火災にも強いのだが、マンション住まいを長く続けてみて、1戸建ての方が気楽に住めると思うようになった。変な人が同じマンションに住んでいると嫌な気分になるからだ。できれば1戸建てに住みたい。ところがこの辺りは地価が高い。今住んでいるマンションの部屋と同じ広さの家を建てると土地だけで2億円を軽く越える。建物を鉄筋コンクリで建てるとすると全部で3億円かかる。なんてこったい。お金が足りないよ。もし、ここに住み続けると決めたならあと2億円稼がないといけない。ちょっと真面目に稼がないと。金の亡者どもからむしり取ってやるか。それはそれで面白い。
ここと同じくらい水害と地震に強い街が地方にあれば、そこに引っ越すのがお得なので、その場合はもちろんそちらを選ぶ。

2020年1月28日火曜日

新コロナウイルスで円高

リスクオフで例によって円高だ。リスクオフで通貨高になる国は世界でスイスと日本だけ。信用されているので誇ってよいのだが、誇るだけでなくなぜ円高を実利に利用しないのか理解に苦しむ。円高を利用したいろいろな施策(まずお札を刷って、低所得者層に期限付き金券を配るとか、消費税を廃止するとか、発展途上国にお金を低利で貸し出すとか、外国にしこたまお金を払って海上風力発電機をたくさん建ててもらうとか)をしまくれば、やがて円高は収まって円安になる。円安になれば輸出企業や国内工場が潤う。ついでにインフレになる。スイスでビックマックを買うと791円だ。日本のビックマックは390円だ。2倍くらいのインフレになったってかまうものか。低所得者層の給料を2倍以上にすればいいだけのことだ。2倍のインフレになると、金をため込んでいる政治家や富裕層の預金の価値が半分になるので、それを避けているのだ。なんと自分勝手で愚かな政治家どもだ。腐敗した共産主義の権力者と変わらない。

2020年1月27日月曜日

年寄りにバカが多いのは分かるが、若い人もそうなのはなぜ?

団塊の世代より上の年寄りは、勉強不足、経験不足(ひとつの仕事しかしたことがない)で知識が足りない。要するにバカだ。その割に自分は賢いと思っている。そのせいで他人に迷惑をかけているのが目立つ。早く死ねばいいのにと思う。
それに対して若い人は、経験不足は仕方がないが勉強不足が目立つ。インターネットを使って、ものすごく楽に知識を得ることができるのに、それを生かし切れていない。昔のように図書館へ行って調べて、それでも所望の書籍がなかなかみつからなくて、さんざん苦労して知識を調べていた時代に比べて、今の知識を得る効率は数百倍にはなっている。だから昔の人の数百倍の知識を持つべきだとまでは言わないが、昔の人と同じ程度には楽に知識を持てるだろうと思うのに、意外とそうでない。これはなぜだろうか。
もしかしたらネット上の情報量があまりに多すぎるのが問題なのか。情報が多すぎて、全部を吸収することはとうていできない。情報を取捨選択しようにも、その簡単な手段がない。取捨選択を教えてくれる先生がいない。SNSのようなデマやウソが混じっている取捨選択手段(フィルター)に惑わされて、本当に大事な情報にアクセスできていない。
先生がいないというのが、いちばんの理由な気がする。先生というのは学校の先生でも良いのだが、紙の本も先生だ。数学の本、物理学の本、哲学の本、歴史の本などみんな良い先生だ。特に物理数学の本が良い。物理数学の基本を身に着けていれば、いろいろな情報を自ら取捨選択できるようになる。物理数学の分野だけでなく、社会学、政治学、経済学についても自分で考えられるようになる。社会のものごとの理(ことわり)は結局は数字で判断することになるからだ。若い人向けに良い物理数学の教科書があれば良いのにと思う。内容的には中高の教科書で十分なのだが、あれは全然面白くない。何の役に立つかも分からない。それではあまり効果がないだろう。
日本は今、経済力で発展途上国にどんどん追いつかれ、抜かれている。学力でも抜かれている。以前はどちらも上位だったが、今は見るかげもない。日本には漁業資源以外の資源はない。高度経済成長しようとは思わないが、普通の国並みに国を豊かにするには国民を資源にするしかない。国民を資源にするといっても肉体労働では国は豊かになれない。頭脳労働しかない。そのためには教育が最重要だ。受験勉強のための教育ではなく、社会を豊かにするための教育だ。今の政治家はそんなことを考えてはいないので、子供の親が考えてやらないといけない。

2020年1月24日金曜日

ファーストリテイリングなぜか不調

ユニクロと言えば、以前は「安いけどカッコ悪い」だった。地道に商品開発の努力を続けた結果、今は「安くて高品質でカッコ良い」になった。外部ブランドとコラボした製品はとてもカッコ良いのに、外部ブランドの半値以下で買える。GUも同じで安いけどカッコ良い。
これまでユニクロでの買い物は数年に1回、フリースの部屋着を買うだけだった。ところが、去年はたくさん買った。シャツ、ズボン、ジャケット、コートなどなど。どれも品質が良かった(MBさんのレビューで品質が良いと言われているものばかり買ったせいもある)。
ファーストリテイリング(ユニクロの本当の会社の名前)の株価は上がるだろうと思っていたが、意に反して下げている。ユニクロの業績が悪かったからだそうだ(GUの業績は良かったが)。業績が悪い原因は暖冬のせいだとか。暖冬だとヒートテック系とダウンが売れないだろうな。気の毒に。地球温暖化で暖冬が続くと、今後は厳しいかもしれない。品質の割に安いのだから、価格を2割くらい上げればいいと思う(私は2割高くてもユニクロ製品を買う)が、それだとうまくいかないかな。

2020年1月23日木曜日

Chainer終わってしまった

日本製のディープラーニングフレームワークChainer開発が終了してしまった。世界に先駆けてdefine-by-runを実現して、他のフレームワークがそれに追随するという輝かしい実績を残した。
ディープラーニングのフレームワークを使うのは時給の低い労働者でもできるので、日本がそれをやるべきではない。しかしフレームワークそのものを作るのは、日本がやるべき高度な仕事だ。ただし、フレームワーク作りを収益化するのはまた別の問題で、フレームワークを作るより難しいかもしれない。Chainer開発の終了にあたってはいろいろなことを考えた結果だと思うが、どこか大きな会社(ソフトバンクとか)がスポンサードしてくれていたら続けられたのではないかと思う。日本発の技術が消えて残念に思う。

2020年1月21日火曜日

未来はデフレかハイパーインフレか

資本主義は終焉へと向かっているが、それでも人間は生き続ける。すぐに石器時代に戻る訳じゃないので、紙幣はしばらく生きていると思う。未来の紙幣の価値はどうなるのか。デフレで今と変わらぬ価値を持っているのか、それともハイパーインフレで紙屑になるのか。山手線内側の不動産で資産の半分を持ち、残りをキャッシュで持っていれば、何が起こってもなんとかなるかもしれない。しかし、私はもう東京には住みたくない。地震が怖い。東京の不動産は売ってしまいたい。資産全部をキャッシュにしてしまったら、ハイパーインフレが来たら一文無しになってしまう。それは困る。どうしたものかな。
地方に不動産を買って、畑も買って、残りはキャッシュと金(ゴールド)で持つのが良いと思っている。少子化が進むので、地方の不動産に価値はない。ただ雨風をしのぐためだけのものだ。キャッシュを持ち続けるのは、最後までデフレが続くと予想するからだ。現在の日本の権力者(資本家や政治家や役人)はキャッシュをため込んでいる。都心の不動産を持っている権力者の数は意外と少ない。都心の不動産を持っていない権力者はハイパーインフレを望まない。自分のキャッシュの価値が棄損してしまうからだ。権力者は最後まで権力を維持すると思う(日本で革命は起こらない)。ならば、デフレの状態は日本が滅ぶときまで続くはずだ。最後の数万人になればお金は意味がなくなるが、その状態になるまではデフレだ。だから私もキャッシュ主体で資産を保持しようと思う。金もいいんだが、ピンチのときに金が本当に役に立つのか疑問なので、金の割合はほどほどにしたい。
ハイパーインフレになっても、企業は価値を持ち続けると言われている。しかし、資本主義が終われば企業は無価値になる。未来のハイパーインフレで価値が残るのは都心の土地だけだ。なので、都心の土地をもたない権力者はハイパーインフレには決してしない。

2020年1月19日日曜日

老後2千万円不足問題で投資を勧める政府の悪行

普通のサラリーマンだと夫婦で年金を月に20万円もらえるのは正社員なら普通だろう。自営業だと夫婦でその半分くらいしか貰えないが、定年がないのと事業がうまく行っていれば貯蓄もたくさんあるので、まあ同じような収入だとしよう。毎月の支出が25万円と算出されているが、これがいい加減過ぎてあきれる。内訳の住居費1万3千円というのが理解不能だ。都内で2LDKを借りたら20万円はする。どうやったら1万3千円で住めるというのだろう。持ち家でローンは返却済ということなのか。65歳でローン返却済だと30歳で何千万円もする家を買ったことになる。これが普通とは考えられない。これから年金をもらう人で、年金で老後を普通に暮らせる人はいったいどれだけいるのか。上級国民だけじゃないのか。普通の人は2000万円足りないどころではない。もっと足りない。
足りない分を投資で稼げというのも普通ではない。投資歴30年の歴戦のトレーダーでも、年のパフォーマンスが5%出たら良い方だ。元手が1000万円だとしたら、1年に50万円増える。2000万円稼ぐのに複利計算でも23年かかる。まして素人の投資だ。年のパフォーマンス5%を継続して出せるはずもない。投資ではとうてい2000万円は稼ぎ出せない。
いったい政府は国民に何をさせたいのか。未来は確実に破滅に向かっているのをごまかしたいだけとしか思えない。自称ファイナンシャルプランナーとかいう連中が投資を推奨しているが、国からいくらか貰っているのか。無責任なことを言うのは止めてもらいたい。