2019年9月16日月曜日

映画 ホワイトタイガー

2014年のロシア映画。主人公はT-34/85にのるソ連戦車兵。ドイツの白いタイガーI戦車と戦う。CGは使われていない。本物のT-34/85が10両くらい出てくる。ガンガン走る。泥道を走り、森の中で立ち木を突き倒し、木造家屋に突っ込んで家を崩壊させる。あげくに戦車に火をつけて燃やす。ロシアには稼動するT-34/85がたくさんあるからできる芸当だろうが、戦車ファンからみると「なんともったいない」。おかげで大迫力の映画になっている。タイガー戦車は動くものは世界に1台しかないので使えない。映画ではスターリン戦車に鋼板を張り付けてタイガー風にした戦車が使われていた。元がスターリンなので横から見ると砲塔がやたら前にあって不自然だが、正面から見ると驚くほどタイガーの特徴を捉えていた。ちょっと見には本物に見えた。
ストーリーは無敵のタイガー戦車と主人公のT-34/85が戦うというもの。ソ連の将校の話では「タイガーは量産型ではない」「装甲が強化されている」「エンジンは700馬力」とか。どこかで聞いた話だ。それに対抗するためT-34/85は装甲と火砲を強化は良かったのだが、射撃安定装置を搭載し走行中でも撃てるようにしてしまった。すごいな。
ロシア映画だが、タイガーは撃破されずに消えてしまった。そして主人公の乗るT-34/85も消えてしまう。不思議な話だった。

2019年9月13日金曜日

DELL PRECISION T5400 ボタン電池交換

PCを立ち上げるとF1キーを押して続けるか,F2キーを押してBIOS設定に行くかと聞かれるようになった.BIOS保持用のボタン電池容量がなくなったようだ.私のキーボードはM0116でファンクションキーなど付いていない.F1もF2も押せないので非常に困る.他のPCからファンクションキー付きのキーボードを借りてきてF1を押してなんとか起動させた.しかし,毎回起動のたびのキーボードを借りてくるのも面倒だ.起動した後のPCの時計は2008年になってしまうので毎回時計合わせもしなくてはならない.これは諦めてボタン電池を交換した方が良いようだ.ボタン電池はCR2032だった.手持ちがない.会社の近所には電気屋も100円ショップもない.どうしたものかと思っていたが,廃棄予定のPCが何台か転がっていた.私のPRECISION T5400よりは新しい年代のPCだ.このPCの中のボタン電池はまだ容量があるだろうと思い,カバーを開けて取り出した.そしてT5400にボタン電池を取り付けてPCは復活.やれやれ.
後で思いついたが,コンビニに行けばボタン電池は売っているかもしれない.今度探してみよう.

2019年9月4日水曜日

目黒5歳児虐待死裁判

昼のニュースで船戸結愛ちゃん虐待死裁判の様子が報道されていた.そして,去年もニュースで報道された彼女のノートが報道された.
「パパとママにいわれなくてもしっかりとじふんからもっともっときょうよりかあしたはできるようにするから もうおねがい ゆるしてくださいおねがいしますほんとうにおなじことはしません ゆるして」
この文面を読むたびに動作が止まってしばらく何もできなくなる.なぜこのような子が殺されなければならないのだ.おかしい,不条理だ.罪もない子を救いたいという気持ちが湧いてくる.何かできないのか.
この子が殺された経緯の一部がウィキペディアHUFFPOSTに掲載されている.HUFFPOSTを読む限り,東京の児童相談所が責任を果たしていないように見える.コメントでも東京の児童相談所の職員(公務員)が良くないとの書き込みが複数あった.職員は自分の小さな利益の(面倒を避ける)ために,結愛ちゃんを見殺しにしたようだ.こんな連中はクビにしなければいけない.子供を守る資格がない.代わりの人がいないのなら,AIにやらせればいい.AIの方がよほど血の通った判断と処理ができる.私が今作っている人工知能も,こんな公務員の代わりができる人間性のあるモノにしようと決めた.
そもそも,結愛ちゃんのような親に恵まれない子を育てるのにもAIは活用できる.AIの方がよほど母性を持っている.子供を育てられる柔軟な人工知能も実現したい.そのためにはスパイキングニューラルネットワークとヘブ則による生物的なアプローチが有効だろう.

2019年8月29日木曜日

1日の生活サイクルが36時間

長い休みだとできるのだが,24時間起きて12時間眠ると思考活動の効率が良い.身体には悪いような気がするが,頭を使う仕事をしているので上記の生活パターンがとれるときは貴重だ.なぜこうなるかはだいたい想像がつく.起きて考え事をしていると脳に疲労物質(アミロイドβタンパク質)が蓄積されていく.これが溜まりすぎると考えるのが億劫になり眠くなる.脳の疲労物質タンクのキャパには個人差があって12時間起きていると眠くなる人や,私のように24時間起きていないと眠くならない人がいる.キャパの大小と賢さは関係ない.ガソリンタンクの容量のようなものだ.眠ると疲労物質が分解されてまた考えられるようになる.私の場合は12時間眠らないと疲労物質が完全に分解されない.24時間起きたあと,6時間の睡眠しかとらないと半分の疲労物質は分解されているので,起きた直後は活動できるが,24時間経つ前に活動限界が来て眠くなってしまう.
私が36時間サイクルで活動するときがもっとも効率が良いのは上記で説明できたが,地球の1日は24時間だ.社会の仕組みは24時間サイクルで回っているので都合が悪いことがある.まずは会社や学校.昼のうちに行って,夜は帰ってこなくてはならない.好きな時間に行って帰れれば良いのだがそうもいかない.効率が悪い.地球の自転は徐々に伸びているから待っていれば1日が36時間になるときは来るのだが,それは約20億年後だ.そんなに待てない.
ガソリンタンクの容量が大きいからと言って,いつも満タンにする必要はなく.疲労物質を16時間分だけ溜めて,そこで寝れば8時間の睡眠で足りると思うのだが,それが難しい.16時間起きているだけでは全然眠くならない.ベッドに入っても考え事をしてしまう.ひつじを数えるのは時間の無駄なので今やっている仕事のアイディアを考える.そんなことをしていると朝方やっと眠くなる.やっぱり24時間起きていないとダメだ.困った性質だ.悩んでいる.これが役立つ場面があれば悩む必要はなくなるのだが,どんな場面だろうか.
そう言えば,昔は役に立っていた.私は大学の成績は良かったが勉強は嫌いだった.普段は機械いじりをして遊んでいた.試験の前になると一夜漬けをして良い成績をとっていた.これは生活サイクル36時間の性質が役に立った数少ない例だ.

2019年8月28日水曜日

小脳の回路化はほぼ実現しているが

小脳がリザバーという仮説に興味を持ち,小脳の論文をいろいろ読んだ.想像以上に小脳の研究が進んでいることに感銘を受けた.と同時に,小脳はそれほど賢くないことに少々落胆した.小脳はCS入力下で,USが入力されるとUSの入力を打ち消すように学習する.この学習パターンで瞬目反射も,眼球追尾もできるんだが,それだけ.この学習系は小脳細胞100万個くらいで十分実現可能なので,実際には800億個の細胞があるリアル小脳ではさまざまな学習系が並列に実現可能なのだが,いくら並列にたくさん動かしても高度な思考活動が生じる訳じゃない.やはり高度な思考活動は大脳の役割だ.小脳じゃない.人工知能を賢くするためには,小脳の研究だけではなく大脳を扱わないと不十分だ.しかし深層学習以外の大脳応用はあまり進んでいない.そして深層学習では賢い脳は作れない.乗り越えるべき壁は高い.

2019年8月27日火曜日

円高をチャンスに変えよう

世界経済がリスクオフになると,円が買われて円高になる.リスクオフのときに買われるのは円とスイスフラン,そして金だ.円の信頼が厚いのは良いとしよう.しかし,製品輸出国の日本は円高になると株が下がり,経済が打撃を受ける(今もそうだ).通貨高と株安が相関しているのは世界でも日本だけだ.このメカニズムは異常なのだが,異常が長く続いたので根付いてしまった.それも仕方ないとしよう.
自国通貨高を嘆いているのは世界でも日本だけだ.日本も通貨高を喜べるように変えていくべきだ.ポイントは二つ.
まずは内需の拡大.日本国民がもっと贅沢ができるようにする.贅沢というのは言葉のイメージが悪いが,もっと便利に暮らしやすくするという意味だ.そうすれば,通貨高は追い風になる.他国から便利なものをたくさん買えるということだからだ.このためには国民の所得を増やさないといけない.特に非富裕層の給与の値上げが必要だ.企業が内部留保を積み上げるという今の姿勢を改めないといけない.また,政府としても非富裕層に給付を厚くするという仕組みをたくさんつくらないといけない.
つぎは金融緩和.ありていに言えば一万円札をたくさん刷ること.そのついでに国債をばんばん発行してよい.インフレになるが,それはウエルカムだ.国債を発行して増えた収入で,前記の非富裕層の給付を担保できるし,税金を減らすこともできる.それでもお金が余ったら,国として他国からモノを買えば良い.今のところ,日本製を買うより優れていて,国として買えるモノと言えば米国のF35戦闘機しか見当たらないが,それを100機と言わず500機くらい買えばいい.500機でもたった7兆円だ.この施策は一石二鳥で,国民が潤うと同時に円安の圧力になる.良いことばかりだ.双子の赤字になると騒ぐ連中がいるだろうが,連中はマクロ経済のダイナミクスがよく分かっていないから騒ぐのだ.かつての米国も双子の赤字が大きくて騒いでいたが,結局なんにも困らなかった.円は世界的に(意味もなく)強いのだから,騒ぐ必要はないのだ.円が強いのを生かしているだけだ.この施策を分かりやすい言葉で表すと「裁定取引」になる.経済のひずみを利益に転換するのが裁定取引だ.
この2つを実行すれば円高がうれしくなる.ピンチをチャンスに変えられる.しかも,日本国民特に非富裕層が幸せになる.ぜひ実行すべきだ.

2019年8月26日月曜日

歩かないでポケモンGOの卵を孵す方法

以前の熱中からはさめてしまったが、ゆったりとポケモンGOで遊んでいる。ポケモンGOの卵を孵すには歩くか自転車で移動する必要がある。プログラムで速度チェックをしているので、バイクや車で移動しても移動距離に加算されない。私は通勤と社内移動で一日5000歩(2500m)は進むが、それ止まりだ。もっと歩かないとたくさんの卵を孵せない。ネットで調べるとプラレールにスマホを乗せて走らせて移動距離をかせぐ話が載っていた。なかなかやるな。私なら振動試験機にスマホをくくりつけて振動させれば良いかなと思ったが、あれは振動が激しすぎてスマホが壊れそうだ。それに同僚に見つかったらバカだと思われる。そしたら上海問屋(ドスパラの店舗)で、振り子型歩数進め機を見つけた。1280円也。半信半疑だったが安いものなので買ってしまった。電池でも5VのACアダプターでも動く。スマホを差し込んでブランコのように揺らす仕組みだ。ブランコには磁石が付いている。ブランコの下部にはおそらくコイルと電子回路が入っている。ブランコの周期に合わせてコイルに電流を流し、ブランコに勢いをつけている。電力消費は小さく、単三のニッケル水素電池を入れて20日間動かしているが、いまだに電池切れにならない。このブランコでスマホを揺らすと1時間で大体1万歩かせげる。これでポケモンの卵を孵し放題だと喜んだのだが、そう甘くはなかった。アップルのヘルスケアでは確かに揺れた分だけ歩数は増える。しかし、ポケモンGOのプログラムでは揺れた分の1/10くらいしか歩数が増えない。どうも歩数とGPSの移動距離の両方をチェックしているみたいだ。歩数が増えてもGPSで位置が動かなければカウントされないようだ。それでも少し歩数が増えるのはGPS衛星の移動と交代で、スマホの位置がゆらぐときがあるからだ。スマホの位置がゆらいでいるときにブランコが揺れた分は歩数にカウントされる。これでもいいか。スマホを充電していないときはブランコに乗せておけば1日1万歩くらいはかせげるし。こんな便利な機械はすぐ売り切れになると思ったが、いまだに上海問屋に在庫はある。しかも私が買ったときは送料別だったが、今は送料込みで同じ値段。売れてないみたいだ。ポケモンGOのファンはみんなまじめに歩いているのだなあ。その方が健康によいし、ポケモンGOを作ったジョン・ハンケの意図(みんな外に出て活動し、たくさんの人と交流しよう)にもかなっている。