2020年11月26日木曜日

そしてドイツは理想を見失った

 川口マーン惠美さんの著書。川口さんは38年間ドイツに住んでいて、ドイツ政治に関する著作をいくつか書いている作家だ。これまでアメリカの政治は興味があって調べるようにしていたが、ドイツのことは何も知らなかった。アメリカの株式は持っているが、ドイツの株式は持っていないからだ。本書を読んでドイツのことが少しわかった気がした。ドイツは親中だが、それを頭がおかしいんじゃないかと思っていた。しかし、ドイツが親中になったのは19世紀からの伝統で中国が共産化する前からだった。中国が共産化してからも親中なのはどうかと思うが、昔から輸出のかなりの割合を対中国が占めているので付き合いをやめられないようだ。そしてドイツの政治はけっこうひどく、日本と同じくらいデタラメがまかり通っていて、国民がどんどん不幸になっているのも日本と同じだ。救いと言えば、まともなことを言う野党がいることだ。日本の無能な野党と違い、ドイツの野党はちゃんと建設的な意見を言う。また若者が建設的な意見を言う野党を支持し、党員になったり政治家になったりするのもうらやましい。そのような若者が将来政権を担うようになれば、ドイツの政治は救われる可能性がある。

ドイツのマスメディアに関する記述も興味深かった。ドイツのマスメディアは現政権に忖度した報道しかしない。日本のマスメディアよりひどいかもしれない。こんなメディアに洗脳されたとしたら、ヒトラーが選挙で選ばれて政権をとったこともうなずけるというものだ。日本のマスメディアも相当に報道が歪んでいるが、現政権の批判を堂々と書けるという点ではドイツよりマシだと思う。

2020年11月25日水曜日

トクヴィル アメリカのデモクラシー

「アメリカのデモクラシー」を読書中。1835年の本だ。著者のトクヴィルさんはフランス人。とても合点がいった。「アメリカ人は人種、階級を問わず、合理的な判断で意見が一致する性質がある」との観察に衝撃を受けた。ああ、第二次大戦で負ける訳だ。日本が負けたのは物量のせいだと言う人もいるが、同じ生産力を持っていたとしても負けていた。ミッドウェイ海戦がその証明だ。他にも飛行機の武装が7.7mm/12.7mm/20mmと機種によって違い、同じ12.7mm砲弾でも海軍と陸軍で互換性がない日本機。対してアメリカ軍は陸軍も海軍も同じブローニングの12.7mm機銃で統一していた。物量があるアメリカでも節約に工夫しているのに、日本のやりようはバカとしか思えない。電探の開発も「電波を発射すると敵に発見されるからダメだ」とか言って重要視しなかった。暗号技術も偵察技術も諜報活動も手を抜いた。これで日本が負けなかったら、その方がどうかしている。二等兵でも分かるような戦略を、軍上層部が理解できていなかった。要するに日本人は頭が悪いから負けたのだ。これでは黄色い猿と蔑視されても反論できない。

日本人のバカは戦後になってもあまり変わっていないが、アメリカ人は大きく変わった。第二次大戦以前の合理的な判断力を現在のアメリカ人は必ずしも持っていない。前回の大統領選でトランプが当選したことや、今回でも7000万票もトランプに入ったことからそれが分かる。あの国もそう長くはないかもしれない。

架空戦記も最近はリアリティを増している。未来人が未来技術や情報を第二次大戦中の日本軍人に教えても彼らは信用しないのだ。ミッドウェイで敵空母の位置を教えても、そちらへ偵察機を飛ばすことをせず、史実通りに負けると言った内容になっている。読んでいてストレスがたまるが、日本軍人のバカさ加減を正確に記述するとこういう内容にせざるを得ないのだろう。

2020年11月24日火曜日

谷田育生氏のことを知る

 幻冬舎GOLD ONLINEに谷田育成氏のことが書いてあった。実業家だ。運送業や不動産業など幅広く手掛け、失敗もしたが成功の金額の方が多く、財を成した人だ。この人の経歴を読んで、これはかなわないなと思ったのが、暴力団との交渉ができるという点だ。暴力団が債権を持っていて、舎弟が居座っている競売マンションを市場価格の半値の7億5千万で買い、暴力団を追い出した後12億円で売ったとのこと。暴力団を追い出せたのは偶然ではなく、以前別件で暴力団との交渉を経験していたので、それを生かして交渉したとのこと。

他にもWTI原油先物で5億円の利益を得たともある。私もWTI原油先物は好んで取引しているが、利益の桁が違う。いやはや、大した人のようだ。こんな人の話を聞くと、どんな状況になっても考える頭さえあれば人生を切り開けると希望を持つ人が増えるのではないか。しかし、マネができる人は万人に1人もいないだろうというのも冷酷な事実だが。

2020年11月23日月曜日

5Gより汎用人口知能が重要

 5Gだ5Gだ、未来は6Gだと騒いでいる連中がいるが、本当に5Gが必要なのか。4Gで十分なことが分からないのか。人によっては(私もその中のひとりだが)3Gでも十分だ。3G/4G/5Gの中身が分からない連中が騒いでいるだけだ。5Gの開発が必要な理由があるとしたら、それは資本主義だけだ。資本主義では投資と消費のサイクルが途切れたら破綻をまねく。そのため、無駄だと分かっていても投資や消費をしなければならない。必要があれば何の役にも立たないピラミッドを作らなければならないかもしれない。5Gもピラミッドみたいなものだ。

5Gよりも重要な技術は汎用人口知能(AGI)だ。ディープラーニングがAIだと思っている連中には想像もつかない利点がAGIにはある。ディープラーニングは機械の性能を上げるだけだが、AGIは経済と政治を改革する可能性がある。戦争だってなくなるかもしれない。しかし、AGIを開発している組織は少ない。世界全体で十数社しかない(社と書いているように全部が民間組織なのがまた不思議だ)。もちろんその中にはgoogleも含まれている。日本ではWBAIという組織が唯一AGIを開発しているが、活動を始めて5年になるのに目立った成果がでないせいか活動が下火になっている。スポンサーも5社しかなく(トヨタとパナと東芝が入っているのが救いだが)先行きが危ぶまれる。AGIを完成させるには10年スパンの長い期間とお金が必要だ。本来なら国策で進めるべきだが、それに気付いている国はない。アメリカは気付いていてこっそりやっているかもしれないが、まだ表面には出てきていない。日本がAGIの研究に本腰を入れれば世界に先駆けることができるかもしれないが、その気運がないのが残念でならない。

実は今はAGI研究者にとってはチャンスなのだ。AIの研究は何度もあった冬の時代を潜り抜けて、地道に続けられてきた。AGIの基礎研究も2000年代、2010年代も着々と進んでいた。ところが2012年にHinton教授のディープラーニングが突然評判になったことから、AI系の研究者はのきなみディープラーニングの応用研究へ舵を切り替えた。同時にAGIの基礎研究をする研究者が減少した。今現在はライバルが少ないチャンスと言える。今、AGIの研究にリソースを割くことができた者が未来の成功者になる。せっかくのチャンスを生かすことができないのは残念極まりない。近視眼的にしかモノを考えられない連中をつきはなすことができる千載一遇のチャンスなのだ。

2020年11月22日日曜日

マナーの悪すぎる日本人旅行者増加

 昨日のネットニュースにホテル関係者の悲痛な声が載っていた。Go Toでやってくる日本人旅行者がひどいというのだ。部屋をこれでもかと汚す。タオル、ドライヤー、バスローブ、冷蔵庫の有料飲み物を無断で持ち帰る。食事のマナーは汚く、大量に残す。以前訪れていた中国人観光客の方がまだマシだったと言うから驚く。それらの客に眉をひそめた以前からのリピーター客の足が遠のいてしまったともある。

この状況はすごく分かる。隣町の格安巨大スーパーの客の民度が低い(私はこれを何年も前から何度も書いた)から、気分が悪くなるよりマシだと思い、私は価格の高い高級スーパーで買い物するようになった。もちろん例外をたくさん知っているが、一般には金がない奴ほど民度は低い。今回Go Toトラベルのせいで、貧乏人が高級宿泊施設に大量に押し寄せるようになり、上記のようなありさまになった。

東京都民がGo Toトラベルの対象になってすぐ私もあちこちの旅館を予約しようとしたが、全て満室で断念したことを以前書いた。コロナになる数年前より旅館が埋まっているのは変だとも書いた。なぜ普段は行かない連中が旅行に行こうとするのか。それはGo Toトラベルのせいで、一見お得に感じるからだ。旅行代金が35%引きになり、お土産等で使えるクーポンが15%付く。これで半額。さらに各地域の自治体が行っている割引も併用すれば半額以下で旅行に行ける。もともと行きたかった旅行先があって、そこがGo Toトラベルの対象だから利用するというのなら分かる。しかし、そうではないようだ。安く行けるから、特に行きたい旅行先でもないのに行くというのが現実だ。貧乏人にはそれでも行った方が「得をした」と感じるらしい。バカか。半額以下と言ってもいくばくかのお金を払う。旅行には時間も費やす。まさにお金と時間の無駄だ。そんなことをしているから貧乏のままなのだ。しかも滞在先に迷惑をかけている。そんな連中になにかしてやろうとは思わない。

貴族が普通に存在していた時代、上流階級が平民を人間扱いしなかったのが悪だとなっている。幾世代が過ぎた後の上流階級にはろくな人間は残っていなかったと思うので、悪だと言い切ってもあながち間違いではないが、最初の最初は上流階級が平民を差別するのはそれなりの理由があったのではないかと思える。

2020年11月21日土曜日

若い人の方がもらえる年金が少ない理由

 私の年金定期便には将来もらえるはずの年金額が書いてある。そしては私は父と義理の父の年金額を教えてもらって知っている。現役時代の年収は私の方がはるかに多い(たくさん年金を収めた)のに、もらえる年金額は父や義理の父の方が多い。これはおかしい。政府はいかなるトリックを使っているのか調べた。ここに書いてあった。なんと若い人ほど年金額は減っていた。そのことを私は知らなかった。当時の新聞の一面に載せてもいいような大ニュースだと思うが、そのような報道はなかった。これはひどい。日本は共産主義国家なのかと疑いたくなる。私より若い人は私よりもっと大きな損をする。今の若い人が50年経って貧しくなって、どうしようもなくなって他人を襲ってモノを奪うようなすさんだ生活をするくらいなら、いまAK47を持って立ち上がった方がよほど建設的だと思う。しかし、私が30代の頃、自分の年金額など気にもしなかったのと同様、今の若い人もそこまで年金に対する問題意識は持ってないのだろう。若い人は気の毒だ。そして政府というか老人は卑劣だと思う。

2020年11月20日金曜日

誰も親には恵まれない理由

 大人になってから「自分の両親がもうちょっと頭が良ければ、マシな助言が受けられて、もっと一直線に成功へ向かえたのに。ずいぶん回り道をしたものだ。賢い親を持った人がうらやましい。」と思っていた。ところが、年をとってみてそれはないものねだりだったことに気付いた。子供を産むときの親の年齢は30~40歳だ。その年齢の自分のことを思い出すに、子供に確からしい指針を与えるほどには賢くなかったことに気付く。歴史と物理を学んで、まあまともに政治や経済を論じることができるようになったのは50歳過ぎだ。後で賢くなる人と言えども若いときから賢いとは言えない。しかし子供は若いときに育てる。親が子供に十分な助言ができないのは当たり前だったのだ。

よくよく回りを見てみると、まともな言動をしているいわゆる立派な人の子供がみんなちゃんとした大人になっているかというと、全然そんなことはない。後から立派になる人でも自分の子供をうまく育てられるとは限らない。親の賢さは子供の利点になるとは限らない。20代のときから賢かった人の子供なら利益を得られるが、そういう若いときから賢い人は珍しいのでそれは例外だ。