2020年10月18日日曜日

HGウェルズ タイムマシン

 ウェルズのタイムマシンはタイムマシン物の元祖だが、読んだことがなかった。kindleで無料で読めたので読んでみた。近頃のタイムマシン物は過去に行く話ばかりだが、ウェルズのタイムマシンは未来に行く話だった。1895年に発表されたにも関わらず、未来は格差が広がることが描かれていた。先見の明のある人だった。他の作品で原子爆弾や遺伝子書き換えなどにも言及したらしい。もっとも未来を悲観するあまり、社会主義に惹かれていたようで、スターリンと会談したこともあったらしい。社会主義の悲惨な結末が明らかになるのは1991年だから、1946年になくなったウェルズには予想できなかったのだろう。ウェルズが学んでいたのは生物学で、経済学を特に学んだわけではないのに格差が広がることが予想できたのには感心する。格差が特に社会問題になったのは2000年以降だ。そして格差は縮まるどころか、加速度的に拡大する。格差を縮める力があるのは富裕層で、その富裕層が格差が縮まることを望んでいないから縮まる訳がないのは自明なのだが。富裕層どころか、貧困層でさえ格差が広がる方へ動いている。若者はSNSやYoutubeに時間を取られ、貴重な学ぶ時間を放棄している。学ばなければ、格差を問題視することもできず、格差を縮める意思のある候補者に投票することもできない。目先の金銭欲(しかもごくわずかな)にとらわれ、無能な為政者を選ぶか、棄権して選ぶことすら放棄する。ウェルズが今に生きていてタイムマシンを書いたとしても、描かれた未来の様子は1895年のものと変わらなかっただろう。

2020年9月27日日曜日

GoToトラベル予約断念

 10/1から東京都民もGoToトラベルの恩恵が受けられるのが決まってから、さっそく旅行会社のサイトで予約を試みた。最初は松山道後温泉。申し込みはリクエスト受付。一週間後に返事が来て、宿が満室なのでお受けできませんとのこと。その後、箱根、奈良、山口湯田温泉などの予約をしようとしたが、全て宿が満室でリクエスト受付すらできなかった。平日なら空きはあるのだが、仕事があるので土日しか行けない。普通の年なら、どんな観光地でも土日でも普通に宿が取れたと記憶しているが、GoToトラベルのせいで、一部の旅行業界にバブルが来ているようだ。割引はなくなるが、GoToトラベルが終了してから旅行に行くことにしよう。混んでいる観光地はあまり好きではないので、その方が良い。

2020年9月26日土曜日

いなげや桜新町店閉店

 今日いなげやに行ったら、閉店のお知らせが貼ってあった。11月20日に閉店だという。2013年12月12日に開店してから7年めだった。残念だ。閉店の理由は明確で、2019年2月6日にいなげやのはす向かいにライフという巨大スーパーが開店したからだ。いなげやの売り場面積が950平米。ライフの売り場面積は3590平米だ。ライフにはカフェスペースや子供の遊び場などがあって、老人子供も取り込んだ。いなげやが勝てるはずがない。しかし、既存スーパーの隣に同じスーパーを作るライフの神経がしれない。力任せに「つぶすぞ」と言っているようなものだった。

生鮮食品の品質はいなげやの方が良かったのだが、大衆はライフの安い方を好む。安売り競争になったら小型店舗は分が悪い。安い方が売れると分かっていてもいなげやは品質重視で行くしかなかった。

コロナは売り上げにはあまり悪影響は与えていないと思うが、閉店決断のきっかけにはなったと思う。このままずるずる営業して赤字を増やすよりは良かったのかもしれない。

21世紀になって20年、うれしいできごとより悲しいできごとの方が多い。地球温暖化は進み、日本経済は落ちぶれ、格差は広がり続ける。このことは30年前に予想していて、できるだけの対処はして、私や家族には実質的な不利益はなかったのだが、自分の予想が当たったことが悲しい。私のように思う人が多数派なら、政治を変え、社会を変えることができたかもしれないが、社会でいちばん不利益を被る人(つまり大衆)が何も考えていなかった。目先の金にとらわれ5年先のことさえ見通せず、愚かな人物や政党に投票して(あるいは棄権して)政治をまかせた。自業自得だ。私は愚かな連中のために自己を犠牲にしてまで世の中を変える気はないというか、キリストだろうと仏陀だろうとガンジーだろうと、愚かな人を救うため命を投げ出したりはしない。善人は救うが、愚か者は救わない。というわけで、人類はなるようにしかならない。本当に愚かしいことだ。

恐竜が絶滅したのは気候変動と隕石のためで、恐竜の責任ではない。しかし、人類は自分のせいで絶滅する。人類とは爬虫類以下の生き物ということだ。

2020年9月21日月曜日

三国志

体調悪く、1か月ほど動けなかった。寝ていても本は読めるので100冊ほど読んだ。吉川英治の三国志が面白かった。実はこれまで三国志は読んだことはなかったのだ。諸葛孔明の超人的な能力に感心したが、彼が部下の人材に恵まれていなかったことは気の毒に思った。一部の愚かしい部下のために戦に負けることが幾度かあった。しかし、劉備への義のために職を放り出す訳にはいかない。一兵卒や民の隅々にまで気を配り、采配をしなければならない。なんとストレスフルな生活だろう。劉備と会う前の晴耕雨読の生活をしていたらどんなにか楽だっただろうと思う。それなら天寿を全うできただろうに。

私も若い頃は一部の無能な部下のために苦労した。孔明ほどの苦労ではないが、それに懲りて今は一人で仕事をしている。一人では大きな橋を架けるような仕事はできないが、学術研究はできる。研究者で良かった。おかげで人を使う気苦労からは解放されている。今後も人を使うことはなかろうと思う。

2020年8月19日水曜日

蛍光灯の寿命が15000時間

蛍光灯が点滅するようになったので、交換した。交換品は近所のスーパーで入手した。東芝のPRIDE IIという管しか売っていなかった。このPRIDE IIだが、パッケージに寿命が15000時間と書かれていた。LEDなみに長いのでびっくり。1日3時間くらいしか点灯しないので、5000日持つ。10年以上だ。次に管がダメになるときは器具も壊れている気がする。LED電球の普及で蛍光灯も絶滅するかに思えたが、こんなに経済性があるのなら蛍光灯は引き続き使われるかもしれない。

2020年8月16日日曜日

次の南海トラフ地震はいつか?

気象庁の南海トラフ地震のページによると、最後に南海トラフ地震が起きたのは1946年だ。過去の記録によると南海トラフ地震は100~150年おきに発生している。ならば、次の南海トラフ地震が起きるのは2046年以降だと思うのだが、その前に起きても不思議ではないので警戒せよとのことだ。東京に住んでいるのなら、南海トラフ地震は気にしなくてよいのだが、首都圏直下型地震を怖れて、西日本へ移住しようとしている私は南海トラフ地震がとても気になる。ハザードマップで見ると、山口県や日本海側なら南海トラフ地震が起きても震度4以下で済む。じゃあ、山口県や日本海側に引っ越せばよいとなるが、山口市は川の氾濫に気をつけなくてはならない。日本海側は冬のどんよりした気候さえ我慢できればよさそうだ。

2020年8月12日水曜日

ウイズヴァイルスの世界

ウイズコロナだとか、アフターコロナだとか言われているが、私はアフターコロナの時代は来ないと思っている。本当に安全なワクチンを開発するのに少なくともあと2年、それを全員に接種するのに1年。それが過ぎるとアフターコロナになるはずだが、そのころには別のウイルス流行が発生して、今のウイズコロナの過ごし方と同じ生活をしなければならないと予想する。新しいウイルスのワクチンを開発するよりも早く次のウイルスが発生するので、人類は永遠にウイズヴァイルスの状態で過ごさなくてはならない。これからの人生もウイズヴァイルスを前提にして設計をし直そうと思っている。