2018年5月7日月曜日

SliTaz linux で日本語入力

SliTaz linux で日本語入力ができた。
でも、1行だけ。この2行め以降はPentium M機で書いている。SliTaz linuxのパッケージマネージャーでSCIMから始まるパッケージを4つくらいインストールすると日本語の入力ができるようになる。しかし、なんと1文字ずつ変換なのだ。かつての太郎よりも古いやり方だ。とてもじゃないが長い文章は書けない。それにG7-450に積んであるslot1のPentium 3 450MHzのTDPは25Wなのだ。Pentium M 1.8GHzのTDP 21Wの方が省エネだ。無理にPentium 3機を使うことはない。

0 件のコメント:

コメントを投稿