2012年8月23日木曜日

国民の熱狂

領土をめぐって中国と韓国の非道が目立つ.両国とも国内に大きな問題を抱えており,国民の不満を外へ向けさせるためにあのような非道を行っている.理由はさておき,日本人としては腹立たしい.天皇まで侮辱されたものだから「実力行使も辞さず」と思っている日本人も少なからずいるだろう.実は私もそう思っている.また米国の識者が「米国が助力しなくても,日本は単独で中国と戦って勝てる」と言っているのも実力行使の誘惑を後押しする.中国に勝てるのだから,韓国など言わずもがなである.
ここでふと我に返って重要なことに気付いた.「昭和史では第二次大戦へ日本を引きずりこんだのは,暴走する軍部でも,優柔不断な天皇でもなく,日本国民自身である」との記述をずいぶん昔に読んだ.読んだときは「そんなわけあるかい,軍部の責任だろうに」と相手にしなかったのだが,今になってそれは正しかったのだと分かった.もしこれから中国や韓国と戦争することになったら,それは日本国民の意思だろう.歴史は繰り返すのだろうか.

0 件のコメント:

コメントを投稿